デンソー飛翔会の基本理念・コンセプト・概要のページ。

  • TOP>
  • 基本理念・コンセプト・概要

飛翔会情報|基本理念・コンセプト・概要

基本理念

デンソーを真に支えるパートナーとして、新たな価値創造を追求し、豊かな社会づくりに貢献する

コンセプト

Have a spirit of Challenge

電動化、自動運転、コネクティッドやAI、IoTなど世界の潮流は、大きく変化しております。
これらの事業分野の転換にもいち早く対応しニーズにお応えできるよう、
技術・技能の革新に挑戦し続けてまいります。

  • 結束力で挑む
    未到達の高次元

    常に最新の情報を共有し、
    一丸となって難局を
    乗り越えていきます

  • 途切れることのない
    “想いの継承”

    脈々と受け継がれる
    モノづくりの思想を
    着実に発展させます

  • 挑戦が切り拓く
    新時代の幕開け

    これまでの事業領域に
    こだわらず新たな分野
    に挑戦します

  • 未来へと羽ばたく
    一翼を担え

    お客様のニーズを的確に
    把握し、スピーディー、
    柔軟に対応します

概要

設立経緯
1949年の日本電装㈱(現㈱デンソー)設立と同時に、その傘下にある主要協力会社は、日本電装㈱との意思疎通を図るため種々の会合を持っており、その後、相互研究活動を通じて、さらに技術力を高め、競争力を強化したいとの思いから1955年に「切削部会」「プレス部会」の2つの部会を設立。
さらに1959年に2つの部会が統合し、現在のデンソー飛翔会の前身母体である「電装協力会」が発足される。
設立年
1959年
「電装協力会」として設立
会員数
97社(部品部会75社、設備・型部会22社)

飛翔会情報